コンタクトレンズはずしてすぐには正しい視力測定はできません

 普段、コンタクトレンズをされてる方がメガネを新調される時、眼の度数を測る必要があります。
しかし、コンタクトレンズをしていると、眼がコンタクトレンズのカーブになじんでしまいます。
このカーブがもとに戻るのにとても時間がかかるものです。

 

角膜が正常なカーブに戻る前に度数を測定すると、強い度数の眼鏡になったり、乱視が強くでたりして、「なんかしんどい」とか、「どうも見にくい」とか、違和感のある眼鏡になってしまいます。
そんな眼鏡が出来てしまえば、お互いに、いやな思いをするだけですよね。

 

EYES では、コンタクトレンズをはずしてから、できるだけ長い間、眼鏡で過ごして頂き、角膜のカーブが本来のカーブに充分に戻ってから度数を測定したいと考えております。

 

例えば、
仕事が済んでから帰宅されるとすぐにコンタクトレンズをはずし、現在お持ちの眼鏡にかけ替えて頂きます。
翌朝、目が覚めても眼鏡のまま(絶対にコンタクト入れない)で、眼鏡でご来店頂き、度数を測定します。
(眼鏡をお持ちで無い場合は、裸眼のままです。)

 

面倒なことですが、ここまでしてもらって、やっと、違和感を訴えられない眼鏡が作れるようになりました。

 

特に、コンタクトレンズを一日中使用されてる方や、長期間使用されてる方は、出来上がった眼鏡とコンタクトレンズを上手に併用されることにより角膜本来のカーブを維持しています。これでもまだ、度数が変化する可能性があります。 しかし、この度数変化は、正しい使い方をすることで、眼が正常な状態に戻ろうとしてるわけで、喜ばしいことなんですね。場合によっては、正常な状態に戻るのに、様子をみながら、レンズを入れ替えながら、1年ほどかかる場合もあるんですよ。

 

 

 

どうか、あなたも、眼鏡を新調される時には、

 

仕事が済んでから帰宅されるとすぐに、コンタクトレンズをはずし現在お持ちの眼鏡にかけ替えて、
翌朝、目が覚めても眼鏡のまま(絶対にコンタクト入れない)で、眼鏡をかけて、度数の測定にいらしてください。
(眼鏡をお持ちで無い場合は、裸眼のままいらしてください。)

 

 

見やすく・疲れず・快適な生活をお楽しみ頂けますよう尽力させていただきます。

 

質感のある、美しい眼鏡を使うと、持つ喜びを感じ、心豊かな気持ちで毎日を過ごせるようになります。
楽しく、心豊かな、眼鏡ライフを送って頂ければと思います。

 

 

 

SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi

 

TALEXプロショップEYES

兵庫県豊岡市泉町5-15

пi0796)22−3409

日曜定休

 

 

 

『親切・丁寧・技術一番』のアイズの場所はこちら