遠近両用眼鏡は怖くない! 便利です。

遠近両用眼鏡は怖い?

 よく遠近両用眼鏡は怖いって言われますよね。 足下がぼけるので怖いとか、フラフラ揺れるような感じがして怖いとか。 目の良い人が初めて遠近両用眼鏡をご利用になられますとこのように感じて怖いモノです。でも、もしあなたが近視で普段眼鏡をかけておられて、「最近手元の文字を読むのが辛くなったな。」って感じておられるなら、迷わず遠近両用眼鏡をお試し頂きたいと想います。遠くの視界は少し狭く感じますが、手元の文字が見やすくなり、炊事洗濯・見ることに感する仕事でのストレスが無くなり、毎日を快適に過ごしていただけるようになります。食事時もご飯がハッキリと見えておいしいですし。

 

 

遠近両用眼鏡を怖くなくご利用できるのは近視ならではの特権

 近視の方でも遠近両用眼鏡をご利用になられますと、普段ご利用の眼鏡よりかは足下はぼやけます。ですが、ご自身の目よりハッキリと見えるので、思ったほど怖さは感じないんです。また、遠近両用レンズ特有のフワフワするような揺れも近視に使う凹レンズでは揺れが出にくく、意外と使いやすかったりします。よく言われる「遠近両用眼鏡は怖くて使えない」と言われる方が多いのは、目の良い方がご利用になられる場合がほとんどです。目の良い方はぼやけた見え方をご存じないので、初めて遠近両用眼鏡をかけられますと、足下がぼやけてとても怖く感じます。また、凸レンズは揺れゆがみが出やすく、とてもかけにくいレンズですので、レンズの性質もあります。もしあなたが近視で、普段眼鏡をご利用になられておられましたら、迷わず遠近両用眼鏡にチャレンジされてみることをオススメします。意外とすんなりとかけられるモノです。手元の文字がハッキリと見えて便利ですし、ご飯もよく見えておいしいですし、ストレス無く快適に毎日をお過ごしいただけるようになりますよ。

 

 

 

遠近両用眼鏡でも種類は沢山あります

 遠近両用眼鏡だけでも沢山の種類があるのですが、レンズの設計で見え方が格段に違うモノです。(価格も違います。) 遠近作ったけどダメだったと言われる方は、一度品質の良いレンズをご利用になってみられても良いかもしれません。良いレンズは高価ですが、見やすいよう色々と補正がかかっていて、揺れゆがみが少なく自然な見え方になるレンズもあります。中にはどうしても遠近両用眼鏡は合わない方もおられますが、見やすく設計された良いレンズを適正にセットすることで意外と見やすくなるかもしれません。うまくお作りできれば、ストレスのない見やすく快適な毎日を送っていただけるようになります。

 

 

 

親切・丁寧・技術一番のアイズなら度入りも安心

 EYES(アイズ)では、日本眼鏡技術専門学校で眼と眼鏡の専門知識を習得し、国立大阪病院眼科/ 北野病院眼科/ 大阪市立大学附属病院眼科 に派遣され身につけた、強度近視・ 強度乱視・ 斜視弱視のプリズム処方など、眼鏡店勤務や地方では経験できない貴重な測定技術を、あなたの問題解消にお役立て頂けます。目の健康に関心のある方は豊岡市にある EYES(アイズ) に相談されますと、安心しておまかせ出来ますよ。

 

 

『親切・丁寧・技術一番』のアイズの場所はこちら

 

 

 

 

SS級認定眼鏡士 T.Yamaguchi

 

TALEXプロショップEYES

兵庫県豊岡市泉町5-15

пi0796)22−3409

日曜定休

 

open 9:30am〜6:30pm

(土曜・祝日 10:00am〜6:00pm)