見る力というと視力を思い浮かべられると思います。
見る力には、遠くを見る遠見視力・手元のモノを見る近見視力・動いてるモノを見る動体視力・遠くのモノと近くのモノを区別できる遠近感を感じる両眼視機能があります。
そのうち、動体視力と両眼視機能は大人になってからでも訓練次第で向上出来るのですが、視力は8〜9歳で確立され、以降向上することはありません。

例えば、9歳で眼鏡掛けても0.5までしか出なければ、以降、どのような眼鏡やコンタクトレンズをしても、0.5以上の視力にはなりません。

ですから、視力が確立する8〜9歳までに出来るだけ見る力を付けてあげたいんですね。

適切な度の眼鏡を掛けることで、視力は育まれていきます。
出来るだけ早くに使用する方が良いです。



もし、あなたのお子様が、「見えてるのか見えてないのか不安。」 「なんか、よく見えてないような気がする。」 「視力測ること出来ないので、眼鏡の度が合ってるかどうか不安。」 とお思いでしたら、一度いらしてみてください。


文字が読めなくても、視力検査出来なくても、おおよその視力を知る方法を試してみます。

文字が読めないから視力検査出来ない場合でも、お子様とお母様とのコミュニケーションがとれるようでしたら、今お使いの眼鏡が合ってるか合ってないかを見ることは可能です。 眼鏡が必要か否かを見ることも可能です。


私も自閉症と知的障害の子供を育ててるため、いろいろな方々のお世話になって子供を大きくしています。
いろんな人の恩を受けて子供が育っています。


恩返しというわけではないですが、少しでもお力になれればと思い、9歳未満のお子様でしたら無料で見させて頂いてます。


お気になさらずに、いらしてみてください。